個別教室や塾での日本語教師の役割とは

個別教室や塾の日本語教師になろう

教師になるには

Posted by zippandesigns.com

日本語教師の仕事は、国内外で需要があります。

国内での需要は、大学や大学院での指導、日本語学校や個別教室での指導がメインです。

小学校や中学、高校で先生として働くためには、国が定めた教育免許が必要ですよね。

大学を出て、教育免許をとるための試験に合格しないと教員の仕事につくことはできません。
国の定めるカリキュラムにのっとった勉強をし、教育者としての適性を判断されます。
日本語教師の場合には教育免許はひつようありません。

ですが、実際には、日本語教師としての資格を取らないとなかなか仕事につけないという現状があります。

日本語教師の仕事につくために、特別な国家資格は存在しません。

ですが、日本語を「外国語」として外国人に教えるわけですから、誰でも出来る仕事というわけではありません。
日本語に関すr専門知識や、人に物を教える際の知識がなければ、対応できないことが非常に多いですね。

ですから、国内での求人では、日本語教師有資格者であることが条件の場合がほとんどです。
これは、以下の3つの条件のどれかに当てはまっている人の事を言います。

■大学で日本語教育科目を履修していること
■専門の養成講座で420時間以上の教育をうけていること
■日本語教育能力検定試験に合格していること

これらの条件が必要な場合がほとんどです。

次の項目で、これらの条件について「詳しくみていきましょう。