個別教室や塾での日本語教師の役割とは

個別教室や塾の日本語教師になろう

検定試験を受ける

Posted by zippandesigns.com

大学で日本語教育を先行したり、420時間以上の民間スクールでの養成講座を受けた場合には、日本語教師としての基準を満たしていると見なされますが、通信制で学んだ場合には、検定試験に合格しないと、日本語教師としての求められる基準を満たすことはできません。

検定試験は、「日本語教育能力検定試験」と言い、「外国語」として日本語を教える能力が十分にあるかどうかを判断されます。

試験は、毎年10月に開催されており、全国6箇所で受けることができます。
試験の結果は12月に発表され、毎年受験者のうち約20%の人が合格しているようです。

日本語教育能力検定試験で求められるものは、日本語教員になるための教育が備わっており、その知識や能力が専門あとして必要とされる基礎的水準に達しているかどうかということです。

日本語を母国語として扱うのではなく、外国語として教えるための能力が試されます。

試験の内容も、日本語そのものの知識だけではなく、社会学や地域学、人類学に基づいた日本という国の知識、言語の成り立ちや基礎、教育のための能力が問われます。

合格者の割合の少なさから見ても、出題範囲の広さから見ても、非常に難しい試験だと言えます。
母国語だからわかるだろう と思っていたら全くそんなことはなく、専門的な学習をしなければ解けないような問題がほとんどのようです。

ですから、試験に合格するためにはかなりの勉強が必要でしょう。