個別教室や塾での日本語教師の役割とは

個別教室や塾の日本語教師になろう

大学で学ぶ

Posted by zippandesigns.com

日本語教師になるためには、国家資格は必要ありませんが、仕事につく際には日本語教育に関する専門的な知識や技術を身に着けていることが求められています。

その一つが、大学で主専攻、または副専攻として日本語教育科目を履修し、卒業していることが求められます。

多くの大学では、外国文学部や文学部で「日本語学科」や「日本語日本文学学科」というものがありますよね。そこで日本語教師になるために必要な知識を習得することができます。

私が通っていた大学でも、文学部に日本語学科がありました。
その学科を先行していた友人は、今、留学生向けの日本語学校で日本語や日本文化を教えています。昔から、そういう仕事につきたくて、その学科を先行したようですね。

ですが、大学で専攻としてとして日本語教育を学ぶという方法は、比較的ハードルが高い方法でしょう。
最初からそのような仕事につくことを目指していた人であればいいですが、何かのきっかけで日本語教師になろうと思っても、大学にはいるための受験勉強から初めて大学に入学し、4年間学ぶというのはなかなか大変ですよね。

ですので、大学で日本語教育を専攻するという以外にも、方法はあります。

求人の際のもう一つの条件として、「日本語養成講座で420時間以上の教育を受けていること」といいうのがあります。

こちらのほうが、多くの人にとって、比較的取り組みやすいのではないでしょうか。

日本語養成講座というのは、民間スクールが開講している講座です。

スクールに通って420時間以上の受講をすることで、日本語を教えるのに必要な知識や技術を習得出来ます。