個別教室や塾での日本語教師の役割とは

個別教室や塾の日本語教師になろう

はじめに

Posted by zippandesigns.com

みなさんは日本語教師という仕事を知っていますか?

この仕事は、国内や海外で外国人に日本語を教えるという仕事です。

日本国内では、日本語学校やビジネススクールなどで、また学習塾や個別教室で指導を行います。
海外での場合は、大学の日本語科で指導をしたり、ボランティアとして塾や個別教室で日本語を教えたりします。

日本語教師のお仕事は大変ではありますが、非常にやりがいのあるお仕事です。

個別教室や塾に通ってくる外国人の多くは、学習意欲にあふれ、日本のことや日本語をマスターしたいと強く願っています。
やる気のある生徒に勉強をおしえるというのは非常にやりがいがあることです。

また、日本語教師の仕事というのは、自分自身を通して日本を伝えるという仕事でもあります。
特に個別教室や塾で日本語を学ぶ生徒にとって、日本語教師は日本というものを映し出す鏡のような存在とも言えるわけです。

ですから責任は大きいですが、自分の故郷を伝えるという大きな役割にやりがいを感じます。

今日本で留学している外国人や、日本で仕事をしている外国人はすごくたくさんいますよね。特に東京や大阪などの大きな都市ではたくさんの外国人が生活しています。
せっかく日本に来たのであれば、日本のことを好きになってほしいものですよね。

そのために、日本語だけではなく、日本の文化や風土、習性なんかをまるごと教えるのが日本語教師の役割なんじゃないかなと思います。

このサイトでは、日本語教師という仕事をご紹介して行きたいと思います。